なぜ筋肉を鍛えていかなければいけないのか?その理由。

先日、インストラクター講座の2講話を行なっていました。

その中で改めて現代は筋トレが必須なんだと。受講生と話をしていました。

こんにちは。せぼねくんです。

講座内で筋トレのやり方などをチェックするワーク

なぜ筋トレをしなければいけないのか?

腰痛や肩こり、自律神経の不調など、原因がよく分からない(不定愁訴と言います)を感じている方もいると思います。

あなたはどうですか?

僕の発信を良く見てくれている方は分かると思いますが、実は、背骨を支える筋力が弱いと背骨や関節がズレ、様々な不調が出てくるんです。

そして知らない方も多いのですが、筋肉は繊維レベルで考えると大きく分けて2つに分類されます。

遅筋と速筋

聞いたことありますか?

簡単に言うと遅筋は強い力は出せないけど、持久力に富む繊維。なので僕たちの日常生活はほぼ遅筋が使われてます。

逆に速筋は、強い力を出すのが得意だけど、持久力が苦手。日常で使う時を考えると重たい米袋を持ったり、信号に間に合うようにダッシュをする時など。

とここでクイズです。

遅筋と速筋。どちらが背骨が歪まない為に必要だと思いますか?

答えは、、、

速筋なんです。

速筋はどうやったら使うのか?

速筋は強い力を出すときに働きます。

トレーニングで言うと幅はありますがおおよそ10回が反復出来るか出来ないか?くらいの負荷が身体に掛かると速筋が働き鍛えることが出来ます。

例えば、お尻を鍛えるバックキックという種目があります。これを例に言うと10回目でギリギリ出来ない。それくらいのゴムの強さであれば速筋が働いている。と言うことです。

バックキックをしている様子。前回の指導者養成講座の写真。

少し言い方を変えると30回40回反復出来る負荷で行う動作というのは速筋を殆ど使っていないのです。

なので運動でもウォーキングやジョギング、長い時間のプール、エアロビクスなど長時間行う運動は速筋ではなく遅筋繊維が働いているということなんです。

そう考えると、現代の生活では殆ど使ってないですよね?

関西の背骨コンディショニング指導者の西川くんもこうしてツイートもする訳です(笑)

使わない筋肉は衰える

1863(文久3)年頃の飛脚だそうです。ネットから引用

いきなりびっくりする写真ですが(笑)1863年頃の飛脚です。この間の講座でも見てみんなで話していたんですが、昔と今は生活様式が変わって、便利になった分、筋肉自体を使わなくなっていると。

昭和14年。米俵5俵300キロを担ぐ女性。(山形・山居倉庫資料館)ネット記事より引用

昔は日常生活で米俵や重たいものを持って生活をしていたんですよね。

つまり筋肉を沢山使っていたし、重いものも沢山持っていたので、速筋繊維を使う機会も多かったと言えると思うんです。

でも今は、昔に戻れないのですよね。

なので筋肉を使う機会、速筋を鍛える時間を意識的に取らなければ、どんどんと衰えていくということですよね。

つまり便利な現代に生きているので、その分、負荷を掛ける時間。つまり筋トレは必須と言えると思います

筋肉、特に速筋を鍛えていこう

そして何歳からでも筋力は向上することが出来ます。

特に不調のある方は背面の筋力(大臀筋、脊柱起立筋、菱形筋)のしっかり鍛えていくと不調も起きづらくなってきます。

今回、書いたように速筋が働くように負荷を考え取り組んでいくことが大事です。

・・・

ということで、インストラクター講座2日目を終えて感じたことを書いていきました。

人生100年時代。健康的に元気に過ごす行く為にも、自らの身体を守る勉強をしていきましょうね。

 

■指導者養成講座 2021年

インストラクター講座(全3日間)
東京10月5日(火)スタート
詳細、申込はこの記事を読んでね

オンライン・インストラクター講座(全4日間)
10月11日(月)スタート
詳細、申込はこの記事を読んでね

 

パーソナル講座(全5日間)
東京12月19日(日) スタート。
詳細はこの記事を読んでね

 

【無料】腰痛にならない身体を作る7日間メールレッスン〈現在600名登録〉

▶︎読んでみる

■オンラインスクールで学ぶ

レッスン、動画配信が見放題。腰痛、肩こりが良くなってる方続出。隙間時間に学びたい方はオンラインスクールがオススメです。↓

■話題の仙骨枕や筋トレ用のチューブなどが特典付きで購入出来ます!

 

■LINE公式アカウントに登録してね

体操動画、腰痛が楽になるコツ、お得なお役立ち情報が届きます!〈現在1600名登録〉

▶︎LINE公式アカウント

〜営業情報〜

新型コロナ感染対策ガイドラインはこちら

【一生腰痛にならない身体の作り方をお伝えしています】

高橋が直接背骨コンディショニングを指導します!
荻窪スタジオ(月〜土)・八王子会場(月に2〜3回)・江古田スタジオ(主に第1月曜日)

■グループレッスン

荻窪スタジオ(毎週木曜)・荻窪区民センター(第1金曜)・鷺ノ宮会場(第2・4水曜)八王子会場(第4金曜)・江古田スタジオ(主に第1月曜日)・武蔵野市関前コミュ二ティセンター(第2、4土曜)・護国寺(月1回)

■営業時間:10時〜20時(日曜休み)※時間外は応相談

ご予約・お問い合わせフォーム(公式HP)

※お電話で直接ご連絡頂いても大丈夫です。

■電話:090-1463-5797

吉祥寺、三鷹、武蔵境、東小金井、武蔵小金井、国分寺、国立、立川、日野、豊田、高尾、阿佐ヶ谷、高円寺、中野、大久保、新宿、桜台、練馬、中村橋、東長崎、高井戸、武蔵野市、世田谷区、井荻、下井草、都立家政、野方、沼袋などからもお越し頂いております。